違法サイトの被害に遭わないために注意することなどまとめました。

同人誌漫画が無料で読めるサイト徹底比較!【同人誌パラダイス】
  1. 違法サイトに注意

電子書籍の違法サイトが増えている!

電子書籍の違法サイトが増えている!

電子書籍が世間に浸透し出してから、違法サイトも増えてきています。

主な被害として挙げられるのがダウンロードサイトを装った「フィッシング詐欺」です。

しかも悪質なのが、ぱっと見では違法サイトとわからないこと。どこにでもあるようなブログだったり、アフィリエイト目的でリンクを並べているサイトとよく似た作りで、巧みに利用者を騙そうとしています。

電子書籍もわざわざ本物っぽく画像を貼ったりしていることもありますし、あの手この手で利用者の情報を不正に引き出そうとしているんです。

もし違法サイトと気づかずにそのまま電子書籍の購入に進み、個人情報を送信してしまうと、データは正規の販売サイトではなく違法サイトの運営者へ送られてしまいます。

その上、電子書籍が実際にダウンロードされることがなかったり、ダウンロードしたとしても、中には電子書籍そのもののファイルはなく、ウィルスが仕込まれている可能性すらあります。

ウィルスに感染するとパソコンのデータが破壊されてしまったりすることもあるため、せっかく今まで集めた漫画が読めなくなる危険も・・・。そんなことになる前に、こうした違法サイトの仕組みと対策についてバッチリ予習しておきましょう!!

電子書籍を利用したフィッシング詐欺とは?被害に遭わないために

電子書籍を利用したフィッシング詐欺とは?被害に遭わないために

「フィッシング詐欺」というのは、簡単にいうと利用者を騙してメールアドレスやクレジットカード番号などの個人情報を盗み出すこと。

電子書籍で注意喚起されているパターンでは、ダウンロードサイトを装って利用者に個人情報を入力させる、といった手口があります。

見分けるコツは、

  • 「無料ダウンロード」をうたっている
  • 有名な電子書籍サイトではない
  • サイトを閲覧しようとしたらセキュリティソフトで警告が出た
  • 書籍の画像とURLと一緒に正規サイトへのリンクを貼っている
  • 書籍の出版社が掲載している電子書籍配信サイト一覧に掲載されていない

などがあります。特に、3つ目以降に当てはまった場合には細心の注意が必要です!

セキュリティソフトの警告が出たらサイトにアクセスしないのはもちろんのこと、探している書籍が本当にそのサイトで配信されているものかを確認しましょう。現在、電子書籍を扱う出版社では、ホームページ上で自社の電子書籍を配信しているサイト一覧を掲載してくれているところがたくさんあります。

そこで対策としては、

  • 有名な電子書籍サイトを利用する
  • 書籍の出版社のサイトを確認し、正規の配信サイトかどうかを確かめる
  • アプリやブラウザで読めるサイトを利用する

という方法があります。

私の体験上、無料と銘打って何かをダウンロードさせようとするのは怖いサイトが多いです。信用できるのかどうか、サイトや運営者、URLなどを見てしっかり確認しましょう。

また、ブラウザ上で読めるサイトや、アプリを利用することでこうした違法サイトは回避することが可能です。例を挙げると、「みんなのコミック」では漫画を読むだけならメールアドレスやクレジットカードの情報を入力させるということは一切ありません!

会員登録しないで漫画を読むこともできるので、詐欺やウィルスが心配だという方はまずはこうしたサイトから選ぶと安心して利用できておすすめですよ。

ページのトップへ