電子書籍を利用する中で感じた悩みと対策について解説しています。

同人誌漫画が無料で読めるサイト徹底比較!【同人誌パラダイス】
  1. 電子書籍を楽しく読むための工夫

電子書籍ならではのストレスや悩みって?

電子書籍ならではのストレスや悩みって?

電子書籍は手軽に本を読むことができるコンテンツなので、年々利用者が増えてきていますよね。いつでも読めたり、かさばらないのに何冊も持ち歩けたり、紙の本と違って暗いところでも読むことができます。

電子書籍を利用し始めると、紙の本に戻れなくなってしまうくらい便利なんです。

しかし、メリットだけではなく電子書籍ならではの注意点もきちんと把握しておかないと、楽しみ尽くすことはできないかもしれません。

そこで、私が電子書籍を利用する中で感じた悩みと対策を紹介します!

電子書籍を読むときのストレスや目の疲れを軽減するには?

電子書籍を読むときのストレスや目の疲れを軽減するには?

私も経験があるのですが、電子書籍ってスマホやパソコンで読んでいると友達からのLINEやメールの通知でしばしば邪魔されてしまうんです。

いいところで上部のバーが下がってきたり、ページを送ろうとしたら間違って通知をタップしてアプリを開いてしまったり・・・。しかもすごくどうでもいい内容のときや、ただのセール情報だと本当にイラッとします。

これでは気が散って漫画の楽しさが半減ですよね。そこで私は電子書籍を読むときは全ての通知をシャットダウンすることにしましたw 通知が表示されるアプリやソフトを根こそぎ通知OFFにするだけでも、電子書籍リーダーのような環境を作ることができますよ!

また、電子書籍を利用しようと思ったときに、多くの人が心配になるのがおそらく目の疲れだと思います。ゲームのしすぎで視力が落ちると言われているように、「電子書籍を読むと目が悪くなるんじゃないか?」とマイナスのイメージを持つのもしょうがないことかもしれません。

ですが実際には、目を疲れさせている大きな原因は見ている液晶と部屋の蛍光灯などの明るさに極端な差がある場合のようです。この差が大きいほど瞳孔の伸縮も激しくなるので目が疲れてしまうんですね。

なので本当に基本的なことですが、明るい場所で読むときには画面を明るく、暗い場所で読むときには画面を暗くするといった工夫をするだけでも目の疲れはだいぶ変わってきます!!

だからといって夜中にベッドの中で漫画を読みふけっていると眠れなくなるので、ほどほどに(笑)

スマホやパソコンで快適な電子書籍ライフを送るために

電子書籍にマイナスのイメージを持つ理由はたくさんあると思いますが、メリットも同じかそれ以上にたくさんあります。ただ、紙の本とは違っている部分も多いので、正しい知識で利用することが大切になると思います。

そこで、電子書籍を利用するときに必ずと言っていいほど悩みの種となる「ブルーライト」や、知っておかないと思わぬときに損をするかもしれない「所有権」についてもこのサイトでまとめています。

特にブルーライトカットについては漫画も存分に楽しみながら目の疲れをもっと効果的に軽減することができるので、是非見てみてください!

ブルーライトをカットしよう

ブルーライトをカットしよう

ここ何年かで一気に知名度が上がったブルーライト。スマホやパソコンから出る光として有名ですよね。

目が疲れる原因や不眠の原因として知っている人が多いと思いますが、これはスマホやパソコンなどの電子機器からだけ出ているものではないんです。

ブルーライトというのは、目の奥にある網膜まで届く青色の光のこと。これは太陽にも含まれています。よく、朝目を覚ますために太陽の光を浴びるといいますよね。あれは科学的に根拠のあることなんですよ。

太陽から出るブルーライトを浴びると、体内時計が機能します。すると、体内時計が「朝になったよ」と体に知らせたり、十数時間後には「夜になったよ」と知らせる役割を果たしてくれているんです。

ブルーライトをカットしよう

違法サイトに注意!

違法サイトに注意!

電子書籍が世間に浸透し出してから、違法サイトも増えてきています。

主な被害として挙げられるのがダウンロードサイトを装った「フィッシング詐欺」です。

しかも悪質なのが、ぱっと見では違法サイトとわからないこと。どこにでもあるようなブログだったり、アフィリエイト目的でリンクを並べているサイトとよく似た作りで、巧みに利用者を騙そうとしています。

違法サイトに注意!詳しくはこちら

電子書籍の自炊行為とは?

電子書籍の自炊行為とは?

「自炊」という言葉を聞いたことはありますか?

はじめて聞いたときは「ごはんのこと?」なんて考えてしまいましたが(笑)、電子書籍でいう自炊とは、紙媒体の本を電子書籍化することを言います。

所有権のある書籍を自炊することには違法性はないので、これにはかなりのメリットがありますよね。

電子書籍の自炊行為とは?詳しくはこちら

所有権は誰のもの?

所有権は誰のもの?

電子書籍を読むにあたって、皆さんは「所有権」というものを意識したことがありますか?

「読めてるんだから別にそんなの気にしなくたっていいじゃん」と思われるかもしれませんが、以前、ある電子書籍ストアが閉鎖されたことで浮き彫りになったのが所有権問題なんです。

所有権は誰のもの?詳しくはこちら

電子書籍を読むときに最適な画面サイズは?

電子書籍を読むときに最適な画面サイズは?

昨今様々なタブレットが販売されていますが、電子書籍の閲覧にはどれが適しているのかよく分かりませんよね。画面の大きさや機能などはデバイスによってそれぞれ違います。また、画面の大きさが同じでも、アスペクト比が16:9のワイドなのか4:3のスクエアなのかで使い勝手も変わってきます。ここでは、同人誌や漫画を読むのに最適なタブレットについてお話しします。

所有権のある書籍を自炊することには違法性はないので、これにはかなりのメリットがありますよね。

電子書籍を読むときに最適な画面サイズは?

電子書籍の印刷は違法行為?

電子書籍の印刷は違法行為?

「電子書籍って印刷してもいいの?」「データがなくなったときのためにコピーしておきたい!」なんて人は多いのではないでしょうか?映画やドラマのDVDや音楽CDの複製作成や書籍の自炊代行は違法行為ということが挙げられるように、電子書籍もコピーや複製をした場合違法行為になってしまうのでしょうか。ここでは、あまり知られていない電子書籍のコピーについてお話しします。

電子書籍の印刷は違法行為?

電子書籍のダウンロードは容量が心配!対策は?

電子書籍のダウンロードは容量が心配!対策は?

電子書籍のメリットは1つのタブレットで、様々な本や漫画が読める点だと思います。保管スペースを気にせず好きなだけ書籍を保存できるのは本好きにはたまりませんよね。

しかし、タブレットの容量にも限界はあります。ダウンロードしすぎたらそれだけ容量は多くなり、タブレットも一杯になってしまいます。ではどのようにしたら、タブレットの容量を気にせず電子書籍を楽しむことができるのでしょうか。

電子書籍のダウンロードは容量が心配!対策は?

ページのトップへ